【春菜はな】騙された爆乳妻は拘束責めで大量潮吹きから中出し!

モデルのバイトのためにやってきた爆乳妻の春菜はなは、見た目は地味で眼鏡をかけた人妻だがその身体は男好みのドスケベボディ!
それに目を付けた男は彼女を騙してその身体を好き放題にしてしまう。
バスタオルに身を包んでいた人妻がそれを脱ぐととんでもなくエロい水着を着せられていて、ほとんど裸と言える恰好のまま撮影開始。
大事なところを手で隠す爆乳妻だがポーズを変えると乳首や陰毛がはみ出していて裸よりもエロい姿となっていた。
その姿をどんどん写真に収めていく男の要求は徐々にエスカレートしていき、逆らえない巨乳妻をいいことに好き放題に言い出す。
片手ではカメラで撮影しながらももう片方の手には電マを持つとそれを爆乳妻のあそこに当てて刺激を与える。
それを自分で当てるように指示する男はそのまま写真を撮っていくが人妻は電マの刺激によって喘ぎ声を出してしまい、おまんこを濡らしてしまう。
そしてとうとう潮を吹きながら身体を痙攣させて大きなアクメが来てしまう!

別室へと移動させられた春菜はなは、おっぱいが丸出しとなった黒ランジェリーに身を包んだまま撮影を続けることに。
すると男は口移しで媚薬を爆乳妻に飲ませてしまい、人妻を堕としにかかりに行く。
そこに別の男が現れて人妻のスマホを勝手に取ると旦那に電話を掛けると慌てて人妻はスマホをひったくるとうまくごまかそうとするがその間に男たちはその身体を好き放題にし始める。
媚薬を仕込まれた爆乳妻はその効果が表れたのか徐々に抵抗することがなくなって快楽に身を堕としていく。
それをいいことに男たちの責めは激しさを増していき、おっぱいをいじりながら激しい手マンで責めていくと手がぐちょぐちょになるくらい潮吹き!
さらに男たちのチンポを交互に手コキやフェラで処理していく淫乱女が完成していた。
いつの間にかHなことをするのが当たり前となっていた爆乳妻は当たり前のように他人棒を自分のおまんこで咥え込んで生ハメを受け入れてしまう。
媚薬の効果なのか今までに感じたことのないくらいの快感を味わう春菜はなは、大きな声を上げてそのデカ乳をぶるんぶるんと揺らしながら激しいピストンで責められる。
もはや肉便器と化した人妻に対して男たちは都合のいい性処理係のように当たり前のようにおまんこや口の中に精子をぶちまけて中出しを決めていく。
穴と言う穴を犯しつくした男たちが満足してその場を後にする時には春菜はなはアヘ顔を晒していた。