【さとう遥希】痴漢を受け入れる痴女な巨乳妻は敏感マンコで感じちゃう!

バスの中で痴漢に遭ってしまった巨乳妻・さとう遥希だが元々痴女なのかもしれない彼女はそれを受け入れる。
それどころか自分から男を責めるように男のチンポを手コキし始める始末!
バスの中でしゃがみ込んだ人妻は激しい手コキによって男を責めていくと、そのテクによって男は我慢できずに彼女の口の中に口内射精!
しっかりとお掃除フェラまでしている人妻の姿をある男が見ているとそれは彼女の会社の上司だった。

ロッカールームで着替える上司の元にさとう遥希が現れると身体を寄せてきて誘惑してくる。
そしておもむろに上司の股間をズボンの上から撫でだしてHに誘ってくる。
ロッカールームでは満足できないのかギャル妻は、バスの中で上司に痴漢させて完全に誘ってくる。
そんなエロすぎる誘惑に負けてしまった男はそのまま受け入れてしまい、バスの中にも関わらず絡み合う。
派手な格好に赤の派手なパンツを履いた人妻は、パンツ越しにおまんこをいじらせて感じてしまう痴女!
おマンコだけでは満足できない男はブラをずらすと丸見えとなった人妻の巨乳に夢中になって吸い付き始める。
さらに下着越しに激しい手マンをすると他人から見てもわかるくらいにさとう遥希は、おまんこを濡らしていた。

完全に火のついた二人は周りの目を気にすることなく絡み合い、男は人妻の下着を脱がすと直接マンコを指で手マン。
さらに舌と舌を絡めながらディープキスをして、おまんこをいじると人妻は潮を吹いてしまう。
すっかり濡れてしまったマンコを男はその場にしゃがみ込むと激しくクンニしてよりそのおまんこをぐちょぐちょにする。
最初は主導権を握っていたはずのギャル妻だったが余裕がなくなってきてその場で激しく喘ぎ始めてしまう。
チンポを受け入れられるメス穴となった人妻マンコを男は立ちバックから激しく突いてゆくとさとう遥希のおっぱいは激しく揺れていた。
もはや周りにバレても構わないといわんばかりに二人は絡み続けて車内には人妻のマンコを突く音と彼女の喘ぎ声が響き渡っていた。
立ちバックから突かれ続ける人妻は感じすぎてしまったのか信じられないくらい潮を吹いてしまい、床にぽたぽたと愛液が落ちてしまうくらいに感じてしまう。
人妻の溢れ出すマン汁によって膣内の滑りが良くなると男のピストンは激しさを増していき、荒々しくもしっかりと子宮の奥まで激しくノックしながら突いていく。
バスの中と言うことを忘れたように二人はハメ続けて…