【三原ほのか】義父によって寝取られる巨乳妻は当たり前のように子種を注がれる

激しいセックスによって汗だくになりながらセックスをする巨乳妻の三原ほのかは、マンコから大量の子種を漏らしていた。
しかしそれは旦那のものではなく、旦那の父親であり彼女の義父のものであり、人妻は寝取られていく。
妻が義父によって寝取られているとは知らずに夫は家へと帰ってくると人妻は浮かない表情を浮かべながら出迎える。

夜になり布団の上に座る人妻に対して義父は息子の嫁のパンツの中に手を突っ込むとそのお尻を直接ねちっこく触りながらおまんこを指で手マンし始める。
義父は布団に寝そべるとその上に覆いかぶさるように人妻は上に乗っかってまるでこの二人が本当の夫婦のように熱いディープキスをする。
人妻はいやらしい舌遣いによって義父の身体を舐めていき、すっかりと堕とされていることが伺える。
巨乳妻はブラを外すと上着から見えるおっぱいを義父に揉ませてあげるとたまらず義父はその生乳に吸い付き始める。
口の中で乳首を転がしながらその味を確認する義父の両手はしっかりと三原ほのかのお尻を揉みながら楽しんでいた。
その行為ですっかりと固くなった義父のチンポを嫁は、手で握るとゆっくりとそれをまるで飴を舐めるようにフェラ!
わざとなのか人妻は音を立てながらおしゃぶりを繰り返し、涎でチンポがべとべとになるとそれをおっぱいで挟んでパイズリ!
おっぱいを上下に動かしながらチンポをシゴき、さらに乳首に亀頭をこすりつけて下半身から気持ちよくしてあげる。
三原ほのかは、パンツを脱ぐとすでに濡れていてその濡れたマンコを義父はクンニすると人妻もシックスナインでフェラする。

すっかりと準備万端になると人妻は義父の上に跨ってゆっくりとおまんこにチンポを挿入すると義父のペニスが熱くなっていて、より人妻のおまんこを濡らしてしまう。
騎乗位でゆっくりとハメていく三原ほのかは、その感触を確かめながら腰の動きを激しくしていくと乳揺れし、その揺れるおっぱいを義父は下から揉む。
義父もまだまだ負けていないといわんばかりに正常位でガンガンにハメていくとその激しさがわかるくらい人妻のおっぱいは大きく揺れていた。
そして当たり前のように義父は息子ではなく自分の子種を息子の嫁の膣内に射精してしっかりと中出しまで決める。
中出しされた人妻だがそれが当たり前のように受け入れてしまう。
そんな二人の関係は終わることはなく、夫が仕事に出かけるとそれを妻が見送り、その後ろには義父の姿があった。