【翔田千里】過剰なスキンシップをしてくる叔母の誘惑に負けた甥

甥っ子が遊びに来たということもあり、もてなしてあげる叔母の翔田千里。
叔母は歳こそ多少とっているがまだまだ美人で美魔女と言ってもおかしくない。
その晩、泊まることになった甥がシャワーを浴びていると全裸姿の叔母が入ってくる。
慌てる甥に対して冷静な叔母は、まるで成長を確認するように甥っ子のチンポを凝視する。
叔母に見られまいと手で股間を隠す甥だが叔母は優しくその手をどけてあげるとその大きくなったチンポを手コキ!
叔母の手の動きは激しく高速手コキによってチンポを刺激していき、射精を促してくる。
その叔母のテクによって我慢できなくなった甥は手コキされながら果ててしまうと叔母の手は甥っ子の精子でべとべとになっていた。

翌日、食事をとる二人だが叔母が近づいて誘惑してくるのにとうとう我慢できなくなった甥は叔母に抱き着く。
そして甥はまるで赤ん坊のように叔母のおっぱいに吸い付きながら授乳を始める。
甥におっぱいをしゃぶられながら好きなようにさせてあげる翔田千里。
甥は十分におっぱいを楽しむと叔母のミニスカを下ろし始めてパンツ越しに叔母のデカ尻に顔を埋めて恍惚な表情を浮かべる。
さらに叔母が身に着けていた黒パンストを脱がせるとパンツ越しにおまんこの割れ目をいじり始める。
甥に好き放題させた叔母は今度は自分がリードせんばかりに甥のズボンとパンツを下ろして勃起チンポを出すとフェラをする。
いやらしい舌遣いに熟年のフェラテクによって甥は今まで味わったことのない感覚を下半身で味わう。
叔母は下品に音を立ててまるで飴を舐めるように甥っ子のペニスをしゃぶる。
十分に準備ができるととうとう甥のチンポを自分のマンコで受け止めて近親相姦で生ハメしてしまう!
騎乗位に体勢が甥っ子のチンポを出し入れしながら感じてしまう翔田千里。
甥っ子は叔母のデカ尻を眺めながらしっかりと繋がっていることを確認するようにハメ続けると叔母は今までに聞いたことのないような女の声を上げ始める。
叔母の熟した身体を味わいながらハメていく甥は、次第に腰を動きを激しくしながらガンガンにハメる。
立ちバックでハメられる叔母に対して甥は若さ溢れる高速ピストンで叔母マンコを責めていき、部屋には叔母の喘ぎ声とパンパンとおまんこを突く音が響く。
そしてとうとう我慢できなくなった甥はおマンコからチンポを抜き取ると叔母のデカ尻に向かって射精すると二人はセックスを終えても愛おしそうに抱き合う。