【安齋らら】雨で透けた巨乳妻のノーブラに欲情してレイプしちゃいました

豪雨の中、雨宿りをしている巨乳人妻の安齋らら。
そこに別の男が雨宿りに来て一緒に雨が止むのを待つ。
雨によって人妻の身体は濡れており、服がピッタリと身体に張り付いているためか身体のラインがくっきりしていておっぱいが強調されていた。
その光景を男はじっくりと眺めながら生唾を飲むとよく見ると乳首が透けていて男に見られていることに気づいた若妻は慌てて隠す。
一向にやまない雨に二人は建物の奥へと移動すると男は我慢できなくなり服の上から若妻の豊満なおっぱいを揉み始める。
嫌がる安齋ららだが男は彼女の背後に回り込むと両手でがっつり巨乳を揉むと乳首を服の上からいじる。
それだけでは収まらず男は若妻の服の中に手を突っ込むと直接生おっぱいを形が変わるくらい強く揉む。
そして服を上にたくし上げると露わになった乳首を指でくりくりといじって遊ぶ。
若妻の正面に回り込んだ男は神父とも言える人妻のおっぱいにまるで赤ん坊のように吸い付く。
そしてその流れでベロチューをしてさらにパンツの中に手を突っ込んで手マンまでしてしまう。
若妻もいつの間に男のペースについていくようにズボン越しに股間を撫でる。

すっかり大きくなった男のペニスが露出されると安齋ららは、乳首に亀頭をこすり付けながら手コキ!
そしてあえて服を再び着ると服の上からチンポをおっぱいで挟んであげてパイズリ!
さらに再び上着をたくし上げると直接生乳でパイズリしてあげて男のチンポをより気持ちよくさせてあげる。
それだけでは終わらずまるで掃除機のように吸い付くバキュームフェラやノーハンドフェラでおしゃぶりをする。
男は自分ばかり気持ちよくならずに人妻をM字開脚させるとわざと音を立てながらクンニ!
さらに手マンで膣内をぐちょぐちょに掻き回すとその気持ちよさに安齋ららは潮を吹く!
すっかりチンポを受け入れることができる状態になった若妻は正常位で男にチンポを挿入される。
体位を変えながら今度は立ちバックでハメられると重力に負けたおっぱいがぶるんぶるんと激しく乳揺れする。
男は肉付きのいい若妻の身体を堪能するように生ハメでハメ続け、自然と腰を動きを激しくする。
若妻も最初こそ抵抗していたが男の激しい責めによって人妻と言うことを忘れてNTRセックスを楽しむようになっていた。
おっぱいを揺らしながらハメられる安齋ららに対して男は我慢できずに彼女の豊満な胸に大量の精子を射精すると汗と雨と精子が混じった液体が彼女のおっぱいを汚していた。