【春菜はな】夫以外の男と下見旅行に来た巨乳妻の寝取られる様子!

巨乳人妻の春菜はなは、下見旅行として町内会長とともに旅館へとやってきた。
最初は警戒していた人妻だったがお酒が入り、警戒心を解いていくと男は本性を露わにしていき、彼女に襲い掛かる!
浴衣姿になった巨乳妻はお酒が回ってしまい、すっかりとろんとした表情を浮かべながら旅館でリラックスしてしまう。
それにつけ込んだ男は、布団の上で眠りについた人妻に対してその浴衣をはだけさせて身体を露わにさせる。
すると下着を付けていない人妻のおまんこは丸見えとなっており、その見える膣を男はゆっくりと手マンする。
男にマンコをいじられても起きる気配がない人妻はされるがままで男は指を出し入れしながら楽しむと次第に人妻のおまんこからは水っぽい音がし始める。
男は半裸状態となった人妻の姿を眺めながら自分のチンポをシゴき、さらに股間を大きくさせていく。

準備が整った男は人妻の足を大きく広げるとゆっくりと自分の男根を彼女の女性器へと挿入していき、完全にセックスをしてしまう。
そこで起きた人妻は意識がもうろうとしているが旦那とは違うチンポの大きさに気付き、そこで初めて旦那以外のペニスを挿入されたことに気付く。
「ダメ!」という春菜はなの言葉を無視して男は腰を動かし続けて、寝取りに行く。
自分のチンポの形を人妻マンコに覚えさせるようにねっとりとじっくり出し入れする男に対し、人妻は抵抗を見せるがそれでも男の力には勝てずに犯され続ける。
正常位でガンガン突かれるたびに人妻の爆乳は乳揺れし、その光景がより男を興奮させる。
その場の主導権は完全に男が握っており、人妻を四つん這いにさせると男はバックからまるで獣のようにハメていく。
男は何のためらいもなく生ハメによって人妻を犯していき、まるで盛りのついた犬のように腰を振り続ける。
それだけでは満足できない男は巨乳妻を自分の上に跨せると騎乗位によって人妻自ら腰を動かしてハメさせる。
そのたびに彼女の巨乳はぶるんぶるんと大きく揺れてその激しさを物語っていた。
もはや浴衣はほとんど脱げている状態でハメてしまう男は十分に人妻の身体を堪能していく。
そして当たり前のようにチンポをマンコに挿入したままザーメンを射精すると膣内射精された人妻マンコからはしっかりと男の精子が垂れてしまっていた。
一度出しただけでは収まらない男はまだまだ中出ししたいのかザーメンが残る人妻マンコに再び挿入すると春菜はなを改めて犯し、その身体を堪能する。