【川上ゆう】義弟に襲われ中出しレイプされた美人妻は都合のいい肉便器に

夫の仕事の都合によって夫の実家に一時身を寄せることになった自分妻の川上ゆうだが父親の介護をしなければいけなくなった義弟から恨みを買っていた。
その恨みを彼女で晴らすために義弟は兄嫁をレイプする。
部屋で義弟と二人きりになった人妻は義弟の性処理をさせられる羽目になると下半身を丸出しにして勃起したチンポを見せつける彼に対してゆっくりと手コキしながらフェラ。
口をすぼめながらゆっくりとおしゃぶりをする人妻に男は黙って見つめているとさらに下まで使わせて丁寧にしゃぶらせる。
男は人妻の頭を掴むと喉奥までペニスをぶち込むと彼女は思わずむせてしまうがそれでも義弟はしゃぶらせることを止めさせない。
頭を抑えつけながらイラマチオさせると男は兄嫁の唇まで奪ってしまう!
言いなり状態の川上ゆうは、されるがままに義弟によって服の上からおっぱいを揉まれ、ディープキスを繰り返す。
完全に火のついた義弟は、兄嫁の首筋を舐めながら服の中に手を突っ込んで直接乳房をまさぐる。
ベロチューをしながら露出した乳首を指でコリコリといじり、乳頭に吸い付きながら人妻の身体を堪能する。

男の指は人妻の下半身へと移り、パンツ越しにおまんこをいじると人妻の下着は湿り気が出てくる。
自分の欲望を抑えることができない義弟は人妻を全裸にするとソファの上でマンコをくぱぁとすると膣奥まで確認するように眺め、クリトリスを指で刺激する。
そして自分の太い指を人妻マンコに挿入して手マンし、指で膣内をかき回しながら上の口はしっかりと自分の舌で犯す。
義弟の激しい手マンによって川上ゆうのおまんこを水っぽい音を立て始めるとさらに濡らすために男はクンニよって開発していく。

人妻のおまんこがチンポを受け入れる状態を確認した男はゆっくりと自分の男根を挿入して近親相姦で犯していく!
男は正常位で時に激しく、時にゆっくりと人妻を犯していくと彼女の喘ぎ声とぐちゅぐちゅとした音が部屋に響く。
川上ゆうの身体をじっとりと汗をかき始め、それがより色っぽく見えて義弟の性欲をさらに掻き立てていく。
二人は体位を変えながら騎乗位やバックによって汗だくセックスを繰り返し、人妻も自分から腰を動かすようになっていた。
そして義弟は自分の兄の嫁にも関わらずさも当たり前のように自分のザーメンを人妻マンコにぶちまけて中出しを決めてしまう。
すると男の精子が川上ゆうのバギナからあふれて床が白濁液によって汚されてしまう。