【三上悠亜】おっぱいポロリしてる巨乳若妻に欲情し性処理してもらう!

ゆるゆるの服を着て胸元までゆるゆるな巨乳若妻の三上悠亜。
そんなラフな格好で人妻は、マンションのごみ捨て場にごみを捨てに行くとマンションの住人がいてごみ捨てを手伝ってくれる。
すると男の目に飛び込んできたのは、ゆるゆるな胸元からポロリする三上悠亜のノーブラおっぱいで乳首まで見えていた!
ゴミ捨て場のごみが散らかっていたので地面に膝をついてごみを片付ける彼女だが男は目の前にある若妻の巨乳から目を離せずにいた。
「キャー!」と突然叫び声を上げる彼女は、Tシャツの中に蜂が入り込んだのか必死に服の中から出そうとするがそれによってTシャツからおっぱいをハミ乳させる。
パニックになる若妻に動きを止めるように言う男は、彼女に近づくと蜂がいないかどうか目で確認すると見せかけてじっくりとおっぱい鑑賞!
舐め回すようにおっぱいに視線を向ける男は乳首をガン見するとさすがにそれに気づいた人妻はとっさに胸を隠す。
しかし一度火が付いた男は彼女の背後に回り込むと後ろからおっぱいを揉み始めて乳揉みし始める。
抵抗する若妻だが男の手は止まることはなく、Tシャツをズリ下ろされると乳首を露出され、その乳頭に男は吸い付く!
男は夢中になって三上悠亜の乳首を下品な音を立てながら舌先で弄び授乳して楽しむ。

完全に火のついた男は、抵抗を見せる若妻の唇まで奪ってキスをして大きくなった股間を彼女に触らせる。
そしてズボンからむき出しにしたデカチンを彼女に手コキさせるとそのまま巨乳を揉みしだく。
男は彼女にチンポを見せつけるようにすると上目遣いになりながら若妻はゆっくりと手コキを始める。
そしてパクっとペニスを咥え込むと人妻はゆっくりとノーハンドフェラで男のおちんちんをしゃぶり始める。
「じゅる…じゅぽっ」といったいやらしい音がゴミ捨て場に広がり、若妻は必死になってフェラを続ける。
いつの間にかおしゃぶりすることに夢中になっている若妻はまるでアイスを舐めるように丁寧にフェラをする。
すっかり大きく涎でべとべとになった男のペニスを三上悠亜は、自分の乳首に擦り付けて気持ちよくさせる。
そして自分の胸にそのイチモツを挟み込むとパイズリを始めるとその気持ちよさから男は自分から腰を動かし始める。
若妻の谷間からは亀頭が見え隠れして柔らかい乳房に包まれて男は射精したくてたまらない!
そしてとうとう我慢できずに乳マンコに射精すると彼女のおっぱいは男が出した精子によってべとべとになっていた!