【澁谷果歩】義父の介護をする巨乳嫁は夜這いされて従順になっていく

巨乳人妻の澁谷果歩は夫とその父親である義父と暮らしており、義父の介護もしていた。
義父のためにいつも小説を読み聞かせていた人妻だがいつの間にかその内容がエロ小説となり、卑猥な言葉を言わされるようになっていた。
ある日のことボケたふりをする義父は息子の嫁に目を付けるとどさくさに紛れて彼女を抱いてしまう。
ベッドの上では全裸となった若妻は義父によって突かれてしまうが年齢を感じさせないくらい義父は激しいピストンによって息子の嫁を抱いていく。
黒髪ショートの人妻はされるがままにおまんこを開発されていき、足を大きく広げながら膣奥まで義父のペニスを下の口で咥えさせられる。
義父は腰の動きのスピードを変えながら時には激しく時にはゆっくりと動かしていき、下半身で人妻の膣の気持ちよさを堪能する。
義父によるスローセックスによってしっかりと自分のマンコにチンポを挿入してくることが伝わりながら人妻は寝取られていく。
それによって若妻は喘ぎ声を漏らしながら性行為をしてしまうとそれがかえって義父の性欲を掻き立てて腰の動きを速めさせる。
とうとう我慢できなくなった義父はうめき声のような声を上げながら息子の嫁の膣からチンポを抜き取ると彼女の顔面に射精して顔射によってその綺麗な顔を汚す。
行為が終わった人妻はぐったりとしたのか放心状態になる。

澁谷果歩は、夫に義父とのセックスについて話せずにいて、悩んでいた。
義父は何事もなかったように過ごしているが旦那が仕事で家から出ていくと嫁をいやらしい目つきで見ていた。
すると義父はズボンからチンポを取り出すと息子の嫁に性処理をしてもらうように要求しだす。
嫌がる人妻であったが義父は息子の嫁にチンポを握らせるとゆっくりと手コキをして大きくなっていくのを手から感じさせる。
そして自分の汚いペニスを若妻に咥えさせるとゆっくりとじっくりとその味を確認させるようにフェラをさせる。
それはもはやイラマチオとなっており、従うしかない人妻は嫌がりながらもそれを咥えておしゃぶりをさせられる。
人妻は口いっぱいに義父の男性器を咥えさせられながらノーハンドフェラによって処理するが義父は腰を動かしながらまるで口の中でセックスすようにピストンを繰り返す。
するととうとう我慢できなくなった義父はそのまま澁谷果歩の口の中で果ててしまい、口内射精によって息子の嫁の口を汚してしまう。
人妻の口からは義父のザーメンが滴っており、精子が垂れる様子が義父の目からもよく見えていた。