【椎名そら】スケベな義父にオナニーを覗かれた若妻は近親相姦で堕ちる

人妻の椎名そらは、体調を崩した義父と同居することとなるがある日オナニーをしているところを目撃されてしまう。
すると義父はそんな息子の嫁に近づくとその身体を狙っていたためセックスを求めてくる!
人妻は日ごろのストレスから周りの目を気にすることなくベッドの上で自分のパンツの中に指を挿入すると直接おまんこを指でいじってオナニーを始める。
さらには下着をずらすと直接生マンコを指でいじりながらおっぱいを指でこすりながら自慰行為を楽しんでしまう。
その気持ちよさから身体を痙攣させつつも指の動きを止めることができずひらすらにオナニーを繰り返す。
しかしそんな一人エッチする人妻の様子を義父はドアの隙間から覗いていてうっすらと笑みを浮かべる。

そしてオナニー中の人妻の部屋に入った義父に彼女は慌てて服を着なおすと何事もなかったようなそぶりを見せる。
しかし義父にはしっかりと自慰行為を見られており、義父は彼女の隣に座り始めると身体を近づけ、M字開脚させるとパンツ越しに息子の嫁のおまんこをいじる。
抵抗を見せる人妻を無視して義父は無理やり自分の唇を彼女の唇に重ねると舌をねじ込んでベロチューをする。
そして人妻の後ろの回り込むと背後からブラを外して生おっぱいを乳揉みする。
さらにはその乳頭を舌で転がしながらちゅうちゅうと吸い付き、その味を確認する。
義父の興味は椎名そらの下半身へと移るとパンツ越しではあるが人妻の女性器を指や舌でもてあそんでしまう。
さらにパンツまで脱がせるとおまんこを指でくぱぁと広げながら膣奥の状態を確認し、その味を舌で確認しながらクンニ!
自分の指では感じられない感覚に人妻は身をゆだねてしまい、しっかりと感じてしまう。
その場はもはや完全に義父が主導権を握っており、それをいいことに義父の行動はエスカレートしていく。
義父はズボンの上からすっかり人妻の身体を堪能して大きくなった股間を人妻に触らせる。
さらにはパンツ越しに大きくなったチンポを握らせると若妻は、義父のしっかりと大きくなったペニスの感触を布越しに感じる。
義父はパンツだけの姿になると息子の嫁の服を全て脱がし、全裸にさせる。
そしておもむろに丸見えとなったおまんこに吸い付くようにクンニをして、その身体の味を再確認する。
もちろんそれだけでは終わらない義父は自分のパンツを脱ぐとそれを椎名そらに見せつけながらしっかりと自分の股間を握らせながら不貞行為を繰り返し…