【新山沙弥】上階のDQN先輩の騒音にクレーム付けると逆切れから若妻をレイプされる

結婚して三年経った夫婦は念願の中古のマンションを購入して、幸せな生活を送るはずだったが上の階に住む住人の騒音に悩まされていた。
さすがに我慢の限界に迎えた夫婦は、上の階の住人に抗議にしに行くが…
夫婦そろって抗議に行った相手はDQNで夫婦の態度に逆切れした男は、若妻の新山沙弥を自分の部屋へと連れ込んでしまう。
自分の部屋へと人妻を連れ込んだ男は、容赦なくバックからガンガンに他人の嫁をレイプしてまるで自分のもののようにめちゃくちゃに犯す!
涙目になりながら後ろからガンガンにハメられてしまう人妻は、喘ぎ声を出しながらただひたすらに犯されてしまい、おっぱいを揉まれながら好き放題にその身体を弄ばれる。
人妻の反応を確認しながら男はその腰使いをやめることはなく、何度も自分の生チンポを出し入れする。
もはやされるがままの若妻は、正常によってハメられてしまい、男の肉棒によって膣奥まで犯され、しっかりと感じてしまう。
男はしっかりと他人の嫁の反応を楽しみながら最後はその胸に自分のザーメンをぶっかける!

家の中ではシャワーのお湯の音が響くとそこには夫婦の姿ではなく人妻の新山沙弥とDQNが一緒にシャワーを浴びながら絡み合っていた。
男は彼女のお尻を好きに撫でまわし、人妻もそれを抵抗することなく受け入れていて当たり前のように身体を許していた。
その様子を夫が見ていると二人にバレてしまうがバレても二人の行為は止むことなくむしろ夫に見せつけるように絡み合う。
男は他人の嫁のおマンコを手マンによっていじり、人妻はしっかり感じてしまっているのか喘ぎ声を漏らすことしかできない。
男は夫に見せつけながら人妻と身体を洗いあいながら恫喝し、まるでソープ嬢のように人妻を扱っていた。
お互いの身体を擦り付けあうと人妻に男は自分の乳首を舐めさせながら手コキをさせ雄として夫よりも自分の方が上と見せつける。
人妻の方も自分の夫に見られながらもご奉仕し、当然のように男のペニスを咥えこんでフェラをする。
そして男はそのまま人妻の口の中に精子を射精し、口内射精を完成させると人妻に口を開けさせて彼女の口の中が男のザーメンで支配されている様子を夫に見せる。
男の性欲は収まることはなく、シャワー室のドアを閉めると風呂の中で人妻を犯し、ガラス戸には人妻の手が見え、喘ぎ声が響いていた。
そんな胸糞悪い状況は終わることはなく、ある日には夫が食事をしているとDQNが家の中に入ってきて…