【五十路】折原ゆかり 夫と娘は隣室で歓談中に娘のダンナとハメまくり


こんなことが実際にあるのでしょうか?もしあったら、凄いですね。スリル満点!エロ満点!
場面は妻の実家です。巨乳のぽっちゃりおばさんが屈強の若者と絡んでいます。
画面の字幕が中国語です。この字幕がまたエロいのです。『一直線我行、好多、好大肉棒』とかです。私の誤訳かもしれませんが。
妻と妻の父、つまりお義父さんがリビングで歓談中に隣の部屋で、ぽっちゃりおばさんこと、お義母さんと娘のダンナがセックス中です。
人は緊張が連続すると快感が高まる、という理論があったはずです。その通りです!
嫁のダンナがぽっちゃり義母を後ろから攻めます。オマンコをナメながら指入れするのです。お義母さんは当然イキます。
娘が言います。『お母さん!ヒロシさんと何やってんの』お母さんは快感に震えながら、声を殺しながら娘に返答します。
『今ヒロシさんに手伝ってもらってるのよ』娘は安心の笑みを浮かべながら『あらあ、なんか声の様子がいつもと違う』お義父さんが続けます。
『おい、母さん!お前の好きなタレントがテレビに出てるよ』お母さんは苦しそうに『そうなの』何と幸せな家族の団らんでしょう。

中国語の字幕に『我外出父同伴』と、出ます。
つまり妻は義父と車で出かけるらしいです。『行ってらっしゃい』娘の夫が続けます。その時の二人は立バックでハメているのです。器用な二人です。
『オレお義母さんのお手伝いしているから』『ヒロシさんお願いね』何とノー天気な父と娘なのでしょう。
隣の部屋で夫と母がハメている現場から退場です。
俄然ハメハメ現場は迫力を増します。ぽっちゃり義母さんが声を張り上げます。
『ダメよダメダメ、仮にも親子なのよ』とか『ダメダメ、ああイっちゃう。ダメダメやめちゃダメ』と叫びながら義理の息子のまたぐらに乗っかって腰を激しく振ります。
オッパイが揺れています。いつの間にか部屋にはザブトンが敷かれ、その上にお義母さんが横たわり、義息がピストンです。
字幕は『好多』の繰り返しです。二人のハメハメ時間が長いのです。
義息のムスコが立派なのです。大きく固い上に耐久時間が長いというスグレ物です、すでに何度もお義母さんをイカせているのです。
『好多』の字幕が踊ります。
フィニッシュは中出しを期待したのですが、お義母さんの盛り上がったというか、腫れあがった乳房の頂上にそびえたつ大きなピン立ち乳首に、精液をたっぷりかけておしまい!