【人妻】蓮実クレア 若妻が自転車で外出中激しい夕立に襲われ若い男の巨根に遭遇です

 

 

 

監督の意向なのでしょうね。何と場面は結論から入ります。
とんでもなく美しい巨乳の若妻が真夏の日中ファックです!
なぜハメているの?相手は奥さんには不釣り合いなブ男じゃありませんか?と、視聴者に疑問を抱かせながらストーリーは本編へ移ります。

ぬけるような青空のもとで美しい若妻が自転車でどこかに向かいます。そこに突然の夕立です。
かなり激しい雨が奥さんに襲いかかります。奥さんはずぶぬれになります。
すると雨に濡れたために奥さんの美しい体に衣服がピッタリと張り付きます。
奥さんのほとんど裸身に近いフォルムが浮かびあがるではありませんか。濡れた長い黒髪が美しいお顔にまとわりついています。ブラが透けて見えます。
ブラの下ではち切れんばかりの乳房がゆれています。
運悪く、ポンコツ自転車が故障?チェーンがはずれた?『ヤダー、最悪!』自転車の調子を確かめようとする奥さん。
自転車の脇にしゃがみます。薄いスカートを通してやや濃い色のパンティがくっきりと見えるじゃありませんか。
雨はますます激しく振ります。雷が鳴り渡ります。そこに一人の青年が助け舟を差し出します。青年の家の軒先を借ります。
それにしても奥さんはびしょ濡れです。風邪でも引いたら大変と気をつかってくれます。
汚い所ですが、僕の家で雨宿りしましょう。少なくとも、『濡れた衣服を乾かす必要がありますよ』『ありがとう』と、奥さんが言って、若者の部屋にお邪魔します。
しかしそれは若者の計画通りのストーリーです。
奥さんの小玉スイカのように大きく、マシュマロのように柔らかそうな乳房をみた瞬間から浮かんだ悪だくみだったのです。
ということで、冒頭のハメハメ画面につながるのです。視聴者の妄想にも訴えるのですね。これからが監督の腕のみせどころです。
奥さんは畳の上に転がされます。頭の部分にザブトンを一枚あてがわれただけです。
すでに若者デカマラは奥さんのふっくらと美しい女壺の中に入っていますよ。奥さんは恍惚としています。
あくびでもかみ殺すような眠りにおちそうな風情でもあります。
もしかしたら、この若造が美しい奥さんに言葉巧みに家へ入れて、熱いコーヒーか紅茶に眠り薬でもいれたのではないかと、私は鋭く推察します。
時すでに遅し、いつの間にか奥さんは若者の肉棒をしゃぶらされています。続いて、あの体位、この体位と十分すぎるハメ体位を試されます。
若者はもうハメ放題です、うらやましい!
で、フィニッシュ!若者は奥さんの美しい肉厚な秘部に汚らしい精液をぶちこみます。
なぜわかるかですって?モザイク越しなのですが、精液がたらりと流れおちているじゃないですか。