【麻美ゆま】巨乳美人女将は温泉宿で犯されて久しぶりのセックスでイク

温泉旅館で働く美人若女将の麻美ゆま。
彼女は温泉宿に嫁いですぐに夫を亡くしており、一人でこの旅館を切り盛りしながら必死に働いていた。
しかし若女将の頑張りとは裏腹に客足は遠のくばかりで旅館には閑古鳥が鳴いていた。
その結果組合を抜けるように男に勧められるが若女将は「それは困る!」と言うと男は暗に彼女の身体を求め始める。
旅館の一室に移動した二人は、若女将が布団の準備をすると男は背後から彼女に襲い掛かる!
そして強引に口の中に舌を入れられてディープキスをされると和服に手を突っ込まれておっぱいを揉まれてしまう。
男は彼女の生乳を揉みながらん太ももを触り、さらに和服を脱がしながらお尻をがっしりと揉み始める。
「いや!やめて!」と言う若女将だが抵抗することができずにおまんこをくぱぁと拡げられて鑑賞される。
男は彼女の和服を脱がすとそのおっぱいやおまんこを執拗に撫でまわすようにいじる。
全裸にされた彼女は「やめてください!」とお願いするが男は無視しておまんこを拡げながらクンニやアナル舐めをする。
男はチンポを彼女の目の前に差し出すと若女将はそれに応えるようにご奉仕フェラを始める。
そしてすっかり出来上がってしまったおまんこに立ちバックからチンポを挿入されてセックス!
若女将は布団の上に四つん這いになるとバックから本気ピストンでガンガンに突かれてしまう!
さらに騎乗位で生ハメを繰り返すがいつの間にか自分から腰を振ってセックスをし始める!
そして正常位でガンガンにハメられるがいつしか久しぶりの性行為にすっかりと気持ちよくなってしまう。
最後は口元に射精されるがしっかりとその精子でべとべとになったチンポをお掃除フェラする。

別の日、亡くなった夫によく似た客が若女将の旅館に宿泊することに。
若女将はその夫によく似た客を見たからか夫とのことを思い出しながら旅館の温泉でオナニーを始めてしまう。
お湯に浸かりながらおっぱいやおまんこを自分でいじりながら自慰行為にふけってしまう。
温泉から出ようとした若女将だがその姿を従業員に見られてしまう!
するとその従業員に脅されてしまい、おまんこを拡げさせられて膣奥まで見られてしまう。
従業員の男はそれだけでは収まらず若女将にチンポを差し出すとイラマチオをさせる。
観念したのか若女将は上目遣いになりながら男のチンポを手コキやフェラで制処理する。
我慢できなくなった男は彼女の口に目いっぱい口内射精を決め…