【四十路】原菜奈子 十数年ぶりのファック!全体重かけてハメます

※ここを消して動画の埋め込みURL


オッパイがどデカい奥さんをナンパしました。
つきたてのお供え餅を上から下にたらした時のように垂れた乳房。ミニトマト大の乳首。
十年以上もセックスしていないそうで、餓えたオオカミのように男優に襲いかかります。
ナンパしたはずの男優がやや引き気味、逆に襲われているようです。
何年もの間、ハメたくてハメたくてどうしようもなかった。でも誰も相手してくれなかったそうです。
十数年ぶりに溜まりにたまった性欲を思い切り男優にぶつけます。
全裸になった男優の上にかぶさってチンポをナメまくります。
男優はアヘ声を上げるといおうか、全体重を乗せられて苦しいのか、複雑な声をあげます。
重さから解放されたいのか『ナメあっこしましょ』と、態勢の入れ替えを提案。
90キロはあると思われる体重から解放されます。
その喜びからデブのおくさんのオマンコに儀礼的に指を入れます。それだけで奥さんは歓喜の声をあげます。
『これを十数年待ってたのよ』チンポが欲しくてたまらないようです。
ゴムもつけなきゃ!と、急いで男優のチンポにゴムをつけてあげます。つけた瞬間にチンポを請求します!
男優は先ほど上から全体重を押し付けられた苦しさにこりたのか、上から攻めます。
奥さんはあんなにデブなのに体は柔らかい。足をM字形に開き、男優のチンポをオマンコの奥の奥まで引きずり込むようなハメ方です。
男優も必死に腰を振ります。ああイイ!ギャーと叫び声をあげながら奥さんは下から腰を振ります。
圧力が相当かかっているようです。男優もイクのをこらえて、奥さんに話しかけます。気をまぎらわすのでしょう。
何年振り?さっき聞いただろう。奥さんは名言をはきます。
あなたのおかげで今日、私は女になりました。
私のマンコは枯れていました。でもあなたが枯れそうな花に水をさすように、私のマンコを濡らしてくれた。
一回目はすぐにイキますけど、後でもっともっと死ぬほどヤって!ああイク!もう死にそう!
男優は思わず、『奥さんは獣のようですね?』
奥さんは『そうよケモノよ!だからもっとケモノのように激しくハメて!』
関取のような体形から、平安時代の女性のようなセリフがポンポン飛び出します!
男優あっけなくイっちゃいます。もちろん数十年ぶりにチンポをハメていただいた奥さんもそれに合わせてイキます。
男優をホメたたえることを忘れません。
ゴムをはずしておへその近くに発射された精液を見て、『スゴイ量です!幸せです!感動しました!』と幸せそうなお顔です。
この奥さん、これまでどんな人生を歩んできたのでしょう?
たった一度のハメハメでこんなに感激するなんて!!