【五十路】綿貫真菜美 息子の後輩が私を襲って何度もイカせた!また、お願いしよう!

※ここを消して動画の埋め込みURL

先輩の家に遊びに来た会社の後輩。先輩のお母さんに歓待される。
聞くと先輩のお母さんは若い時に離婚し、女手ひとつで先輩を育てたそうだ。
年恰好アラフィフ、五十路をこえたばかりか。
むっちムチのボディで巨乳だ、そそりますねえ。
この後輩のハラダが悪い奴。腹黒い奴だ。ハラダだけに。
スマホを忘れて先輩の家に戻ると、先輩のお母さんがひとりでマンコをさすっている!
これは手伝ってあげなければ、とハラダが抱きつく。
『何するの!』『おばさんがマンズリをしているからお手伝いしてあげようと思って!』と、言い訳しながら、首筋を舐めまわす。
『実は僕、おばさんのような熟女が好きなんです』『イヤ!やめて』とおばさんは抵抗しますが、力は弱い。
あっというまに上半身は裸です。五十路には見えないしっかりとそそり立つオッパイ。
ハラダが舐める。おばさんは抵抗する。
『おばさん、抵抗する力が弱まりましたね。少しは感じてくれているのですね』
ベロチューまで進む。ハラダは真の熟女好き、ベロチューの後は乳首責め。乳首をナメ、甘嚙みする。
『おばさん、乳首が立ってますよ』当然です。ここ数年男っ気がなかった訳ですから。
おばさんはパンツいっちょうになります。ソファに乗せられ、ハラダにクンニされます。
この段階に進むと確かにおばさんの声が激しい抵抗から鼻にかかった『イヤア!やめて』に変わります。
ハラダはおばさんのオマンコを激しいジュルジュル音立ててナメまくりです。
するとおばさんが突然『イクーツ』と一声。部屋に響きます。
先ほどまでの抵抗する声が『イクーツ』に変化しました。ハラダは手を休めません、いや手だけではありません。舌もです。
舌先はオマンコからアナルへ向かいます。おばさんは四つん這い。
ハラダがナメやすいように足を開きます。
もうおばさんは久しぶりの快感で頭はボーツとしてクラクラです。
ハラダはファスナーをあけてチンポを取り出す。大きい。舐めろと要求!
おばさんは抵抗するそぶりを見せながらもチンポを掴む。何か汚いものを見るような目で。
しかし、目の奥には『欲しい、マンコに入れたい』との欲望もキラっと光る。
ハラダはそれを見逃さず『チンポは久しぶりでしょ』何という男だ。
先輩のお母さんにチンポをナメらせながら、卑猥な言葉を浴びせるとは!
しかし、デカいチンポだうらやましい。
たっぷりナメてもらった後はいよいよハラダ自慢のデカマラをおばさんのマンコに挿入です。
簡単に入ります、一瞬でおばさんが感じたことがわかります。
口では抵抗、体はピクピクする。ハラダは解説しながらのハメハメです。
ハイ!上からお願いします。次は四つん這い、僕が後ろから突きますよ!
ソファの上で。床に移って。壁に手をついたおばさんの後ろから立バックでハメます。
叔母さんはもうアヘ声だけです。この間に何度もイってます。床におばさんを寝せてハラダは乳首にフィニッシュ!
精液にまみれたおばさんの乳首は五十路の女性とは思えない、見事にピンと膨らんでいました。
昔から伝わる名言があります。『悪い奴こそよくハメる』