【四十路】宮沢知代 フレッシュ肉棒wやっぱり電マじゃ物足りない!! 

四十路の奥さんは久しぶりのセックスのようですね。
表情が感じているよりも苦しそうです。それだけ感度が強いということです。
なんでもご主人とは別居中らしいです。この間ハメてなかったようです。
簡単に昇天です。あっけない中出しです。
これは短く編集された動画ですから、結論から始まるようです。
それにしても大量の精液です。
膣口からタラタラとこぼれ落ちているではありませんか。
なかなか止まりません、もしかするとこの白濁した液体の中には奥さんのマン汁も含まれているのでしょう。
もちろん動画はこれでおしまいじゃありません。まずは一息つきましょね。
しかし息つくヒマもなく、下着をつけた奥さんに男優が電気マッサージ器を手渡します。
けっこうオマンコに当たる部分の大きなマッサージ器です。
男優は意地悪く、デカマラをシコりながら、電マをオマンコに当てて感じ始めた奥さんのお顔近くに近ずけます。
チンポの臭いをかがせようとする魂胆ですね。
奥さんは男優の手に握られたデカマラを見つめながら電マをマンコに押し当てて、最も感じる部分を探索中です。
左手で乳首をつまみながらです。
アレいつの間にブラを外したのでしょう!ブラは投げ捨てられ、さらけ出された乳首をつまんでいるのです。
本当は電マじゃなっく生のチンポが欲しいでしょう。
それが目の前にあるわけです。
乳首をつまんでいる手を男優のチンポへ伸ばします。
男優はかわします。『ほんとはこのチンポコにさわりたいんだろう?』と、徹底的に意地悪をします。
しかし、意地悪はここまで。

チンポに触っていいという許可がおりました。
奥さんはすかさず触ります。
玉を丁寧にもんで、チンポの柱をやさしく撫で上げます。
で、長いベロチュー。舌を絡ませながら立ち上がります。
アレ、奥さん背が高い。
男優よりも高いじゃありませんか。
高い背をかかめながら、男優の乳首攻撃です。
先ほどの恨みをはらそうと、しつこく乳首を舐めて左手で器用にチンポをシゴきます。
ソファに腰を下ろしてチンポをしゃぶります。
しゃぶったチンカクまみれの口を男優の口へ運び、何度目かのベロチュー。
奥さん!ベロチューが好きですね。
そしてまたチンポをナメる。
ソファからずりおちても舐め続けます。男優は直立し、奥さんは床にひざまずいて、玉をまた舐めて、裏筋なめて亀頭へと舌をはわせます。
これってずっと続くかもしれませんよ。
それだけ奥さんの胸の内とマンコの奥に溜まっていたものは大きいということでしょう。