【四十路】竹内梨恵 新しいかあちゃんと三泊四日、一体何度ハメたのか

※ここを消して動画の埋め込みURL

 

 

新しいかあちゃんが来た。とうちゃんの再婚相手だ。
息子は新しいかあちゃんになじめず、いつも反抗的な態度を取る。
ついにある日喧嘩となった。
喧嘩のあとの仲直り。パイズリするから許してね。
感じ後は『ナメっコしたいわ!』と、シックスナインです。
ピチャピチャ激しく舐めっこです。
マン汁やガマン汁も混じっての舐め合戦。
去年のできごとですから、ご安心ください。
もうすでにいさかいのことなど忘れていますね、ふたりとも。
いつの間にか床の間に敷かれたふとん。
いつもは父と新しい母が寝るふとんの上でハメハメ開始!
上から行くわよ、ちょっと待って。と、新しい母ちゃんが新しい息子の肉棒をがっしり掴んでマンコに挿入。
すばやく腰を動かします。
あら!息子もかなりのヤリチン、かあちゃんの垂れ気味オッパイを掴みながらのハメハメ、すぐにイっちゃうこともなく、無難にかあちゃんの抜き差しに合わせます。
『気持ちいいわ、かあちゃんは!あんたはどうなの?』と、感想を聞きながらのハメハメ。
けっこう気を使っています。しかし、注文も忘れない『後ろから突いて!奥まで突いて』だんだん要求が多くなります。
『もっと突いて!もっと奥よ、ずっと奥よ!』と性欲が止まりません。
ふだん、フニャチンとうちゃんとは満足のいくセックスをやっていないのでしょう。
安定した体位でイキたい母ちゃんは今度は下です。上からしっかり突いてと目で合図。
息子の実力もたいしたもの。ひざまずいて太マラをオマンコに入れる。
ガンガン腰振る!かあちゃんアヘアヘ!先ほどまではアレコレ命令していたのに、息子が優勢になると膝をついた態勢から完全寝技に持ち込んだ息子に背中に爪を食い込ませます。
『中に出してもいいわ!でもまだイかないで頑張って!』と、ベロチューしながらフィニッシュへと向かいます。
中出して終わり!大量の精液が膣口から流れ出てきます。

ところが普通のハメハメはここで終わりです。フェードアウトです。
k今回はここで終わりませんよ。
新しいかあちゃんは今オマンコから抜いて精液がたっぷりついた太マラを丁寧にナメ上げるではありませんか。
自らのオマンコもきちんと拭いていません。
マン汁と男汁が混じり合ってトロトロと膣口から落ちこぼれているはず。
そのチンポをなめながら、二回戦に突入しようとしています。新しいかあちゃんは確かもうすぐ50歳。
世間の常識では閉経を迎えて、性欲も衰えるはずなのに。
どうやらこのかあちゃんは違うようです。
そして新しい息子のチンポをナメながら、つぶやくのです。
『ねえ!三泊四日じゃ足りないわねえ!』
すると、このふたりとうちゃんに内緒でハメハメ旅に来ていたのですね。
ふとんは寝室じゃなくて旅館のふとん。
なぜか最初から乱れていたのは、すでに三日前から何回戦かヤリ終わった後の乱れだったのです。
最初は喧嘩と思っていたやり取りはアヘアヘ声だったのです。
びっくりしたなあモー!