【五十路】神崎清乃 変態男から乳首責め!バイブやローター、ディルドを使ったマルチ操法

 

 

 

五十路のおばさんが徹底的に変態気味の甥っ子にイタズラされる物語です。
いきなり床の間で半裸のおばさんが乳首責めされています。
しつこい乳首責めです。両手できつく乳首を捕まえて左右にねじる甥っ子。ひねってさらに引っ張ります。
垂れ乳のおばさんがうめきます!引っ張って遊ぶにはちょうど良い垂れ具合なのです。
変態男はある意味天才的な発想で乳首もおもちゃにするんですね。
あら!次は耳たぶを責めますよ。ベロベロと汚い舌でナメナメというより、耳しゃぶり。耳たぶを口の中に入れてます。
唾液が耳の中に入ってますよ。ばい菌が入っておばさんは中耳炎になるかも!
乳首に戻ります。今度は小さなローターを両乳首に当てます。
先ほどからいじられっぱなしの乳首がローターに反応します。
乳首責めが終わると、今使用したばかりのローターをオマンコに移動します!
フムフム、クリちゃんに当て、膣口をこすって刺激するのですね。
五十路のおばさんも反応しています。
変態の甥っ子はしつこくオマンコを責め続けます。
器用に指とローターをオマンコに抜き差ししてイジり続けます。
しかし、由緒ある床の間でセックス。飾られた掛け軸や高価な花瓶、そして今や死語となった『招き猫』があきれています。
ご先祖様から伝わるグッズに埋もれて痴態をさらけだしている訳ですから。ご先祖様、申し訳ございません。
あらら!変態甥っ子は巨大なディルドを持ち出しました。
このデカイのを入れる?やっぱり!
しかも冷静な表情、冷静な手つきですよ。
このディルドはアナル激する機能もついています。
しばし、ディルド責め!
五十路のおばさんはディルド世代ではなく『こけし』世代ですから、感じながら何か違和感があるよな顔つきです。
おばさんを四つん這いにさせて、バックから入れて楽しみます。
パンティを脱がすと股が広がりますから楽でしょうがパンティを引きずり下ろした状態で股を広げる事ができません。
おばさんは無理な態勢をとらさせながら感じなければいけないのですから、大変ですよ。
さらに、この変態男はぬあーんとオマンコから取り外したディルドをおばさんの口に無理やりこじ入れるではありませんか!舐めろ!と。
なんという非道!鬼畜!
ディルドには大量のマン汁と少量の糞が付着しているはずだ!
マン汁やウンチも付いているはずのディルドを耳元にも持っていくのですから、ケタはずれの変態ぶりをさらします。
で、ふたたびディルドをうつ伏せ状態のおばさんのオマンコに突き刺したのです。
このおばさんいびりはいつまで続くのでしょうか?