【ヘンリー塚本】大沢萌 結城みさ 訳あり熟女の訳あり濡れ場二編!!

訳あり女二編

女の悲しい性をヘンリー塚本監督が見事に描き出す珠玉のエロ動画です。
必ず一回は抜ける作品ですので、お手元にティッシュ箱をご用意ください。
いきなりハゲが五十路の女性を襲います。女性は激しく抵抗。
しかし、抵抗やむなく壁に押しやられます。
『マコトさん、止めなさい!』大声で抵抗するもむなしく、両手を拘束され、後ろからチンポを入れられます。エツ!マコトさんて誰だ?
ヘンリーマジックですね。『すいません、仰向けになって下さい』と、丁寧にお願いする。
先ほどは暴力的と言おうか、芸術的な手際よさでにパンツを脱がし、デカチンをぶちこんでおきながら、丁寧に正常位でのセックスをお願いする。
一体この関係はどうなっているの?と疑問に感じる視聴者の思惑を無視して、ハゲが女性のブラをはずす。
横臥しながらもきっちりときれいな山の形を崩さないオッパイ、見事です。
五十路を越えて閉経期をとうに迎えているはずの女性。
興奮のあまり、マン毛も逆立っているところをカメラは見逃しません。
壁際でバックからハメられている時はあんなに抵抗していたのに、正常位に移ると人間が変わったようにアヘ声をもらします。
それどころかハゲのピストンの度に感じるあまりか、腕や腰にしがみつくではありませんか。
フィニッシュは中には出しません。きちんとオヘソ周辺にまき散らします。
発射直後のハゲの動きが素早い。
チンポを立ててまま、拭き取りもしないでパンツをはく、ジャケットを着てキャップをかぶる。
すぐに現場から離れようとしています。これこそ、真昼の不倫の模範的な手口ですよ。
最後に一言『お義母さんのマンコ、最高でした』と、言って玄関から足早に立ち去るのでした。
そうです五十路の女性は娘ムコとハメたのです!

続いて、美しい訳あり風奥さんのモノローグから始まります。
『あなたの帰りを待ってたの。というよりチンポをネ』どうやら夫が過ちを犯して○○プリズンに収監されているらしい。
今日は出所日。こちらもハゲが登場。
ヘンリー塚本作品には何故かハゲの中年男が似合います。
『別れた俺のために身元保証人になってくれてありがとうございます。この感謝を一生忘れません』
言葉使いが丁寧です。別れた妻とて、礼を尽くすことをわすれていません。
妻も丁寧なおかえしです。
『長いことお疲れさまでした。まずは、オマンコしよう!』声を上ずらせて、元妻が全裸になってふとんに飛こみます。
その後はあなた、口にだして説明できませんよ。
アンナことコンナこと、全部ヤリ放題ハメ放題でしょう。
ベロチューに始まり乳首をナメてしゃぶって、捻りをいれて。
両足開いてマンコをナメて、クリちゃんを甘噛みするでしょうね。
残念ながら視聴者を盛り上げてチンポを立たせたままで、動画はおわります。後は完全版でご覧ください、ということでしょう。
ヘンリー塚本監督の憎い技ですね。