【四十路】奥さんをデカいチンポの若者が自分のワンルームお持ち帰りです

奥さんをお持ち帰り

 

奥さんをお持ち帰りです。
わあ!なつかしいワンルーム、元カレと住んでた同棲時代の思い出がよみがえります。
テーブルの上は缶コーヒーの空き缶と、ポテチ、それとも柿の種?
いきなりくるのベロチューで?おばさん困っちゃう!
でも、すぐに反応、すでにヌレヌレですよ、女性器が。
ベッドまで3秒、脱がせて10秒。
奥さん!垂れ気味ですけど、乳輪もそんなに大きくなく、誰にでもやさしい、操作の簡単なおっぱいですね。
やわらかくてモミやすい、乳首も大きからず小さからず、初心者でも十分楽しめますよ。
女性器、イエ、親しみをこめて呼ばせていただきますよ、オマンコと。
オマンコをナメさせていただきます。

ホラ、このベッド、台座も低くて、オマンコをナメやすいんですよ。
アレ!もう感じているのですか?膣口が湿気をおびていますよ。
イヤ。マン汁がにじみ出てきてます。クリちゃんが大きく膨らんでいますよ。
奥さんは久しぶりのワンルーム、さらにカメラでオマンコをアップにされるたびに性感がワンランクアップします。
やはりオマンコは触られ、ナメられ、さらに誰かに見られるとヒートアップするのです。
そうです、奥さん、そんだけ反り返ってくれるとナメやすいです、舌先がオマンコの奥まで入りますよ!
若者は首を左右上下に元気に振ります、扇風機のように。
奥さんは歓喜の声を響かせます。あの時のように、つまり青春時代のハメハメに明け暮れた時代のように。
でも、今は分別がついた人の妻。
昔のようにナメてもらうだけじゃありません。
お返しのフェラです。
昔のカレはね、尺八と言ったのよ、と思い出イッパイ、チンポにイッパイ舌をはわせるじゃありませんか。
昔のようにひたすらナメってしゃぶるフェラじゃない。
ねっとりとイヤらしく、強弱織り交ぜての人妻のスゴ技、秘技。熟練の指と舌を使います、隠し味の唾も混ぜて。
なんといってもカメラの存在。横からアップで私のフェラ顔を撮影しているwww
フェラでは誰にも負けないわよ!
いつハメてもいいわよ、と言う全裸の奥さん。
若者はもうタマりません、だって奥さんはボクの玉袋を丁寧にナメて、肛門付近もチロチロ舌先でつつくんですから。
夢中で奥さんをM字開脚させて、へそまで反り返った肉棒を膣口へ運びます。
自慢の肉棒でクリちゃんを叩いてから、ビラビラの壁をチョットいたずら、ズブリと挿入です。
奥さんはMの字の中心を開くと言うか、肉棒を奥深く方法を考えながら、腰を振ります。
カメラは上から二人を写します、まるで盗撮するように。
カメラを意識した奥さんは場所を上に交代です。

『時雨茶臼』ですね、奥さん。
肉棒はGスポットにぶつかります、それにしても奥さんの腰つきがエロいですね。
え、今度はバックで攻めて!ですって。
ホメると伸びるタイプですね、奥さん!
壁に手をついて立ちバックですか?あまり大声を立てないでください。
隣の方に迷惑ですから。
大家さんからも言われてます、自粛中は大声を出すなってね。
ということで、ベッドに戻ってからの後背位。
ベッドのきしみが部屋に響きます。
フィニッシュは一番きめやすい正常位で!
奥さんありがとうございます、これが一番イキやすいです。
お言葉に甘えて中出しさせていただきますよ。
奥さんの上からカメラが追いかけますので、天井に向かって大声でイってくださいね。