【安野由美】親友の息子を誘惑し、上下左右、色んな体位でハメまくる

母のお友達とハメる

 

母さんの親友が遊びに来た。
母さんは留守、でも親友はズカズカとあがりこんだ。
『おばさんのこと覚えてる?ゆう君大きくなったわね、おチンチンも大きくなったでしょう』と露骨に迫ります。
おばさんは相当、男に餓えているようだ。
すぐに下半身の脱衣に着手、指を入れてというので、お言葉に甘えて入れてみます。
もう、その瞬間におばさんのマンコから染み出てくるマン汁、相当な粘りです。
『おばさん、こんなに強い粘りですけど?』
『ゆう君たらツ、もう恥ずかしい!』
ゆう君もおばさんのマンコから出る粘液の粘り強さにびっくりです。
おばさんは正面を向き、乳をもめ、しゃぶれと、けっこうな要求です。
その間声は出ずっぱり、『アア気持ちいい。もっと強くしゃぶって』と言いながらのベロチュー。
柔らかい舌をゆう君の舌にからめます。
『ゆう君、おチンチンをおばさんのマンコに入れてみて!』
ゆう君は言われたとおりに実行します。
『もっと後ろから入れてみて!!そうよ、ギュウっと入れてみて。ゆう君のおチンチン、スゴイ!!』今度はおばさんが上になります。

『ゆう君、おチンチンをもっと動かして!おばさん、おチンチンをマンコでグチュグチュしてあげる』

結合部分が見えないために、おばさんがどのような状況を説明しているのかは不明ですが、膣口をパクパク動かしているらしいんです。
ここからですよ、おばさんのサディスティックな面が現れるのは!
おばさんは上から攻めます、母さんと同世代ですから、五十路をすぎているはず。
普通の五十路の女性は閉経期に入って、もうマン汁は枯れているでしょう。
なのにおばさんのマンコは潤滑油たっぷりで、回転もなめらか。
なめらかなリズムにのってピストンしながら、お尻をぶって、と新たな要求です。
ゆう君はおばさんのケツペタを手のひらでたたきます。
『もっと強くよ、こうやって!』と、かなり強い調子で自らの尻をたたいて模範演技。
ゆう君は言われたとおりに思い切りぶちます、パッチーン。
『ああ、感じる』、これってありえますか?
十代後半か、二十代前半のゆう君と五十代前半のおばさんが尻をバチバチたたきながら、ハメハメに没頭している。
さらにです、体位が変わって、『こたつがくれ』です。
結合部がはっきりと見え、マン汁やがまん汁等の飛まつが飛び散っています。
おばさんが『ゆう君見てみて、おチンチンがおばさんのマンコにすっぽりと入っている』
解説付きの午後のファック。
なんとぜいたくなひと時でしょう。
こんな時にお母さんが帰ってきたら、おばさんはビックリ、マンコもびっくりして、膣ケイレン。
てな、やじ馬が喜ぶような展開にはならず、いつまでもハメ続けるのでした。
当然です。
ゆう君は若い、覚えたてのセックスほど面白いものはない、精液は無尽蔵です。
朝までヤれます、何度でも。

母のお友達とハメる