【天野美優】『家政婦のお仕事は部屋の掃除とチンポの掃除』

家事代行はチンポの掃除も

主演は天野美優さん、巨乳です。
今が旬のメロンサイズの乳房です。
このメロン、例えて言うと、おいしさトップの夕張メロンです。
在宅ワークで仕事に疲れた若造が2時間限定の家事代行を頼みます。
派遣されてきたのは想定外のグラマラスな奥さん。
若造は今日まで部屋から一歩も出ずに仕事三昧、自ら宣言するように『ちょっと、おかしい』ようだ。
一人暮らしにしては広い、若造の部屋。
結構な企業に勤めているようだ。
仕事を開始した天野美優さんの仕事ぶりをチェックするふりをしながら、尻に目をやる。
尻フェチのようだ。
すると、ジーンズからはちきれんばかりの天野美優さんの尻に飛びつく。
アララ、絶対にあってはならない行為だ。
家事代行の主な仕事はお掃除。
この若造はどうやらチンポの掃除もお願いしたいようです。
気になるのは若造のセリフが『ピー』音で消される。
かなりのド変態、放送禁止用語を量産しています。
と言ってる間に、早くも下半身を丸裸にする。
そして、上半身にとりかかるのです。
『いいオッパイしていますね』とか、言いながらのホメ殺し。
天野さんも本来の仕事を忘れて、若造の手にゆだねてしまうのです。
若造は仕事を依頼するのが早い。
『ここの掃除をお願いします』と臭いチンポを奥さんの顔の前に突き出す。
奥さんは拒否しません。
すると若造は『ご主人のとどっちが大きいですか』と聞くのです。
奥さんはあくまでも素直です。
『こっちのチンポの方が固い』と、答えます、チンポをナめながらです。
若造はすっかり調子にのって、今度はあの夕張メロンクラスの高級メロンサイズ乳房にチンポを挟みます。
『こっちの掃除もお願いです』と言いいながら。
メロンサイズの乳房は乳輪が異常に大きい以外は本当に食べごろ。
奥さんはメロン、いやオッパイを巧みに操作しながら、チンポを柔らかく包み、揉みしだきます。
『私も感じてきたわ』とか、荒い息をはずませて。
こうなりゃ、若造ペース。
『僕もお礼にオマンコを舐めたいです。テーブルに両手をついてください』と。
本来は家事代行サービスの一環としてやらなきゃいけない、テーブルの片付け。
そのテーブルに両手をつけさせて、下からオマンコをジックリ眺めます。
眺めた後は鼻を近付けての臭いチェック、そしてナメ始めます。
で、この若造、よほど会話に飢えてるとみえ、いちいち注文をつけたり、感想を述べる。
『ご主人と最近ハメたのはいつですか』とか『気持ちいいですか。僕も気持ち良くなっていいですか』とか。
ナメてもらうのはチンポの掃除だから、なんとか理解できるとしても、家事代行の仕事に来た奥さんのマンコを舐める。
続いて、バックからハメる。
さらに『お尻を見せながら、上からハメてください』と、要求。
最後は『ピー』音を連続させて、大声をあげて射精という、実にわがままなハメ方に終始しました。
これは当然特別料金が加算されるでしょう。

奥さん、ちゃんと特別料金を請求して下さいね。