【紗倉まな】義父に媚薬を盛られた若妻は眠る旦那の横で犯される!

若妻・紗倉まなが旦那の横で義父に犯される

旅行先の旅館で旦那と一緒に眠る若妻・紗倉まなは、義父によって媚薬を盛られてしまう。
義父によって布団をめくられる彼女は、媚薬のせいで身体がうずいてしまい、下半身をいじらずにはいられない状態だった!
身体をビクビクと痙攣させるに対して義父は股間を大きくしてゆっくりと義娘に近づくとパンツを脱ぎ、大きくなったチンポを見せつける。
「ハァ…ハァ…」と息遣いを荒くさせる若妻にさらに近づく義父は、露出したペニスを彼女に握らせる。
紗倉まなは、義父のチンポを握りながら自分のおまんこをいじって感じてしまう。
義父の手は浴衣からはみ出した彼女の巨乳へと移動し、ゆっくりとその大きなおっぱいを揉み、さらには彼女の首筋を舐める。
義父は彼女の勃起した乳頭を指でいじるとさらに口に含んで弄び舌先でぺろぺろとその感触を確かめる。
両方の乳房を揉まれ、吸われる紗倉まなは、拒絶しようとするが媚薬によって抵抗する力を奪われて身体をけいれんさせることしかできない!
義父の目線は下半身の方に移ると紗倉まなは、必死に見せまいと手でパンツを隠すがあっさりとその手をどかされる。
義父はパンツ越しに若妻のおまんこの割れ目をなぞるように指でいじり始め、下着越しにクンニを始める。
「あああ…あん…」と喘ぎ声を漏らす若妻は、義父と自分の愛液によってパンツをビチョビチョに濡らしてしまう。
その濡れたパンツを脱がされ露わになったマンコを直接手マンされてしまう。
クリトリスを刺激され、膣奥まで義父の太い指を挿入されてかき回せる紗倉まなは、身体をビクビクさせながら感じてしまう!

四つん這いになった彼女は、指を挿入されるがいつのまにか自分から腰を動かすように。
すっかりぐちょぐちょになったマンコに思わず義父は顔をうずめて激しいクンニよってさらに彼女の膣をべちょべちょにする。
そして自分のいきり立ったイチモツを若妻の口の方に持っていくとフェラをさせ始めるが紗倉まなは、すっかりそれを受け入れて自分からしゃぶり始める。
疼きが抑えられない彼女は、自分でオナニーを始めてしまうととうとう義父によって生チンポを挿入されてしまう!
首を横に振る彼女だったがそれほど抵抗を見せずにすんなりと義父の太く大きくなったペニスを膣内で受け入れる。
義父は彼女のマンコの割れ目に擦り付けるように自分のチンポを挿入して息子の隣で自分の息子の嫁を寝取ってしまう。
すっかり義父のチンポを受け入れてしまった紗倉まなは…