奥さんが大激怒、息子のチームのコーチがマンコに大量精液投入!!

コーチと奥さん

こどもの少年団のコーチとママの過ち。
これって放課後活動アルアル?ではないでしょうか。
ある日、四十路を過ぎた奥さんが息子が所属する野球チームのコーチ宅を訪問。
先日の試合のビデオを渡すためです。
コーチはどうやら熱血漢らしい。
ビデオで研究し、次の試合にそなえるのでしょうね。
おくさんは図々しくコーチの部屋に上がり込み、あれこれ詮索するのです。
彼女がいるのかいないのかなとか、部屋にエッチなものを隠していないか、とか。
コーチがお茶の用意をする間にPCの中までのぞいちゃう。
中にはエロビデオ、おくさんはカッカと燃え上がり、コーチのバットを握ります。
バットといっても木製じゃありません、コーチの下腹部のバットです。
これが野球のバット並みに大きく固い。
さわって賞賛「デカくて固いわ!!」コーチは当然、張り切ります。
バットもすでに臨戦態勢。
ツーアウトマンコ塁、いえツーアウト満塁に打順が回ってきた感じです。
コーチの肉棒はパンパン、ヤル気もマンマン。
おくさんはそんなマックスサイズに充血しきったバットをパクっとくわえます。
今、バッターボックスに立っていると、妄想するコーチは十分なスタンス。
おくさんが下から最大級にまで膨らんだバット、つまり肉棒に吸い付きやすい格好のナイスフォームです。
さらにおくさんは監督の指示を待たずにスライディングさせるのですよ。コーチを、ふとんの上にね。
コーチは下半身丸出し、でかいチンポを白日のもとにさらしたままで、おくさんのフェラを受けます。
おくさんが執拗にチンポをしゃぶります。

会場、といってもコーチの部屋、万年布団の上なのですが、いっぱいにフェラの音が『ジュルジュル』と響きます。
マックスサイズのチンポが自在に横やタテに元気振れるので、おくさんのお口攻撃は最大のパワーを発揮、口中の様子は見えませんが、舌使い、唇の伸び縮み等、相当なテクニックをお持ちのようです。
結果、コーチのバットは火を噴く。
口内に大量の精液発射です。1回戦終了。
おくさんはおいとましよう、と言うのですが、コーチは次は攻守交替、2回戦ですと宣言。
今度はおくさんを攻めます。
クンニからですね。
これは定石どおりの作戦でしょうね。
上半身はブラウス、下半身スッポンポンのおくさんはウオーミングアップも十分におわり、M字開脚作戦。
簡単にどでかいコーチのバットがおくさんのオマンコにインサート。
座位に変わるとおくさんのユニフォーム、いえブラウスが脱げてブラジャー1枚。
『コーチ凄い!』とか『コーチ!イイわ!』と叫ぶうちに、気付くと全裸。
四つん這いになって後ろからの奇襲攻撃もされます。
観客のいない会場、といってもコーチの部屋ですが、には『パクーン、パコーン、バンバン』といった打撃音が響きます。
木製バットじゃありません。
肉がオマンコの奥深くに入って、コーチの筋肉隆々の下腹部がおくさんの臀部、つまりケツペタにぶつかる音です。
おくさんのイキは絶え絶え、フィニッシュに入ります。
勢いあまったコーチは中出しする気配だ。おくさんは『ちょっと待って!ダメよそれは、サインにないわ。一回バッターボックスはずして!』とサインを送るのですが、コーチは無視、大暴走です!!
大量精液中出し!!
おくさん大激怒です!スッポンポンのままで!