【三上悠亜】拘束された巨乳人妻は義父の手で身体を開発されて堕ちる

柱に括りつけられた縄で手を緊縛された巨乳人妻である三上悠亜ちゃんは、義父によって怪しい匂いがするお香をかがされる。
薄着の彼女に興奮したのか義父はゆっくりと若妻に近づくと腋の下を舌先でぺろぺろと舐め始め、愛撫を始める。
さらにその舌先は三上悠亜ちゃんの顔面へと移動し、彼女の綺麗な顔を舐めながら服の上から身体を弄り始める。
「やめて…」と声を漏らす若妻は身体をうねらせるが逃げることはできず、義父にされるがままに身体を弄ばれると大きな乳房を服の上からいじられる。
さらに彼女は義父に口の中に舌を入れられると強引にディープキスをする羽目に!
義父の行動はエスカレートする一方で彼女の上着をずらすと露わになった乳頭を舌先で転がし、身体を舐め回す。
さらに彼女のミニスカートを下すとパンツ姿にさせ、下着まで脱がすと三上悠亜ちゃんのおまんこに指を突っ込むと彼女は股を濡らしていた。
すっかり露出された若妻のマンコを義父は夢中になってクンニする。

すっかり火が付いた義父は彼女の縄をほどくと布団の上に寝かせ、貪るように彼女の膣内を舌でかき回し、さらに指でクリトリスを刺激して手マン!
「ああ…ああ…ダメ…」と義父の激しい責めに遭う彼女だが媚薬のせいなのか身動きが取れない。
ぐちゅぐちゅといやらしい音を立てながら手マンされ、さらには義父に唇を奪われてしまう三上悠亜ちゃん。
義父はすっかり大きくなったチンポをズボンの上から彼女に触らせてさらに彼女の目の前で自分のペニスをシゴき始める。
そしてそのままいきり立ったチンポを彼女のお口にぶち込むとイラマチオをさせる。
すっかり彼女の涎でべとべととなったチンポを義父は三上悠亜ちゃんの膣内にこすりつけるとゆっくりと正常位でペニスを挿入!
義父は彼女の膣の奥をチンポでノックすると「ああ…んん…」と若妻は甘い声を漏らし、感じてしまう。
まるで彼女の膣の形を確認するようにゆっくりとリズミカルに腰を動かし続ける義父は、彼女にキスをしてさらに身体を舐め回す。
義父はチンポを挿入してまま三上悠亜ちゃんを抱きかかえるとセックスを繰り返し、彼女はすっかり感じちゃう。
彼女をうつぶせにさせた義父は張りのあるお尻を眺めながら寝バックでガンガンに彼女のお尻目掛けて突いていく!
正常位に体位を戻すと義父は本気ピストンでガンガンとハメていき、最後は彼女のおっぱい大量の精子を射精!
義父は若妻とのセックスの様子をしっかりと撮影しており、それをネタに…